自毛植毛はクリニックで!フサフサな髪になろう

夫婦

ホルモンと抜け毛の関係

笑顔の男性

男性と女性では抜け毛の質も原因も異なります。女性の薄毛の原因として多いのがストレスやホルモンバランスの乱れなどです。もちろん加齢により髪の毛にコシが失われ始めてしまうのですが、それ以外にも髪の毛が薄くなる原因があるという事は頭に入れておきましょう。特に出産前後と閉経付近に関しては、女性ホルモンが大幅に乱れるので薄毛になりやすい傾向があります。一時的な薄毛の場合はなにもしなくても髪の毛が生えてきますが、悪化して更に薄毛が進むこともあるので日頃から対策を取るべきです。女性に向いている育毛対策としては、育毛剤や育毛シャンプー、ヘッドスパなどがあります。生活の中に取り入れてみるだけでも髪の毛の状態に変化があるでしょう。

薄毛はケアをすれば予防することが出来ますし、万が一髪の毛が薄くなってきたとしても対策すれば改善に向かうこともあります。男性よりも薄毛になりにくいと言われていますが、女性でも髪の毛が薄くなることもあります。女性の場合は部分的に薄くなるというよりも、全体的に薄くなっていきます。髪が細くなり抜けやすい状態になるのは老化現象の一種です。しかし、若年性の薄毛も近年では増えていますから意識して対策を行いましょう。頭皮の発毛サイクルを整えれば髪の毛が抜けても新しい髪の毛が生えてきます。頭皮にダメージがあったり自律神経やホルモンバランスが乱れることで発毛サイクルも狂ってしまいますから、まずは生活習慣を見直しましょう。

Copyright © 2016 自毛植毛はクリニックで!フサフサな髪になろう All Rights Reserved.